2021/03/10 18:46

スピーカーは、音を作り出す装置です。外部から受信した信号を電気に変換しアンプを経て波長を作るユニットに伝送される空気を振動させて、私達の耳にその信号が伝達されます。


また、スピーカーは、アンプが内蔵しているタイプと本体と分離されているタイプがあります。そして、通常、アンプは、処理する信号に応じてアナログまたはデジタルに分類されます。


音響機器のスペックをきちんと調べずに、外観に惹かれてスピーカーを購入する方が多くいらっしゃいます。しかし、がスピーカーは域帯を作るユニットの配置と信号を処理して音域を増幅する方法が大事な装置です。


一般的に、より良い音を作るために帯域を細かく分けて配置し高音であるほど振動数が高い傾向があります。そのため、オーケストラで高音を出す楽器であるほどサイズが小さいわけです。


ベレーテーブルスピーカー(W301T, W501T)は、年月が経っても美しくてどの域帯でも明瞭な音が出ます。木の橋と木天板との間に空間を作って、スピーカーを耐えることができるように制作しました。木とファブリックの美しいい調和が特徴であるベレーテーブルスピーカーは、洗練されたデザインと技術で作られました。


詳しくは、下の画像をクリックしてください!