2021/03/16 14:19

ベレーのテーブルスピーカーは、キックスターター、マクアケ、ワディズなどのグローバルクラウドファンディングプラットフォームで高く評価されました。ベレーの製品は、海外のスピーカー専門の工場での生産設備を揃えております。私たちは、お客様に良品をを提供するために、現地工場に訪問して定期的に品質管理を行っております。

テーブルスピーカーの内部は、4つの独立したハウジングにミッドベースドライバーとラジエーターが含まれています。そして、そのうちの二箇所には、ツイッターがあって高域の音もきれいに渡すことができのです。


主要部品を入れる本体です。プラスチック材料のファブリックをかぶせました。ファブリックは、接着剤で取り付けられているので、交換は難しいです。ハウジングも本体と同じプラスチック材料で作られました。

次は、スピーカー内部に装着されている2オーム20ワットのツイッターです。ツイッターは音の透明度のために、4方向のうちの隣人ではない2方向にだけに取り付けます。

3オーム12ワットのミッドベースドライバーを装着した様子です。

ミッドベースとツイッターの取り付けは一つ一つのパーツを手作業の工程で行います。


ハウジングの中に入った吸音材は、ハウジングそれぞれの分離度を高めます。

ハウジングの下部に装着されているラジエには振動による損傷とノイズをなくすために緩衝材があります。

完成されたテーブルのスピーカーユニットです。

ベレーでは、不良品また徹底的に検査しております。


本体には操作ボタンとバッテリー、床面にハウジングのための緩衝材を入れてから後ろにスピーカーユニットが装着されます。

最後に、スピーカーの重要なパーツであるDSPボードを装着すると、本体の構成が完成します。


スピ本体背面に天板を固定してくれるネジを締め脚が装着される部分にパッキンを付けます。

そして、脚を組み立てると、すべての作業が完了します。