welle(ベレー) Official Store

2021/05/18 18:59

長い間、CDは、デジタルソスの記録媒体として使われて、データをより簡単に保存することができます。今回は、CDがどのように誕生したのかについて投稿させていただきます。


最初のCDはフィリップスとソニ発明したと知られています。しかし、光を利用してデジタル信を保存する方法は、1966年にアメリカ人James T. Russellによって開されました。音愛好家でありながら明家であるラッセルはLPの不足耐久性と音質を改善するための新しい音の保存方法頭しました


彼はカドに穴をあけたり、磁性をびたテプのようなデジタル方式を用して光でデタを保存して再生する方法を開した。ラッセルが最初に構想したCDは、ポケットに入れることができる四角い透明板だったですが、最終的な形は、LPのドナツを取った丸いディスクに決定されました


ここ、レつ陰影にじて、レが遮されたり通過しますが、これを利用して2進法のデジタル信作りますまた、ラッセルは、1970年にこの方法で特許を取得します。

時、デジタル方式の記憶媒体を開していたフィリップスとソニは、特許を得て、デジタルソスの開に拍車をかけていました

フィリップスは、ラッセルの方式を応用して、アナログ方式のCDを開します。以後20cmだったサイズを小型にし、記方式をデジタルに更します。また、四角いカセットの中にめられたCD開発します


時期に、ソニは、ビデオテプを利用したデジタルオディオレコを開するのには、この技術をCD応用します1976フィリップスは、同業他社より早く最初にCD大衆に公開します。


フィリップスとソニが、なサイズとフォマットで開したCDは、技術標準が必要でした。社は、技術標準を作り始めた1980年、CD制作標準が記されている赤い色の本が出されます。

      

                                                                                                                

この標準周波レッドブックと呼ばれます。また、このレッドブックの規約に基づいてCD12cmの直で約74分の音を入れることにしました

アナログ信は、44.1kHz16bitのデジタル信に保存され、この信は、CDの表面に溝に記されます。この他にもエラ訂正方法や曲のインデックスなどの情報がレッドブックに記されている基準によって決まります。


レッドブックでCDの規格と方式が統一されて、1982年にABBAのアルバムThe Visitorsが最初のCD発売されました。以後、なアルバムがCDで販され、約25年後の2007年までに約2,000億枚の累積販を記しました


ベレーの紹介

波や波動という意味を持つベレー[welle]は、スマートなテクノロジと感覚的なデザインが融合した統合ライフスタイルブランドです。心を揺れるがす高音質のサウンドと心を温める感覚的なデザインで皆様が体験する視覚から聴覚まで、全ての感覚をより豊かにするサウンドライフを提案します。